マンション大規模修繕コンサルティング

建物の歳月の経過に伴う劣化現象(経年劣化)は、建物自体の強度を低下させ、事故の発生は避けられません。コンクリート造の場合、建築後の経年変化としては、中性化の進行や、乾燥収縮などによるひび割れが生じ、コンクリート本体に徐々に劣化が進行することは避けられません。

劣化が進行しますと、コンクリート内部の鉄筋が腐食して膨張し、コンクリートを押し出し(爆裂)現象や、断面欠損等が生じます。
また、屋上・バルコニーの防水層の劣化や、外壁のシール材の劣化に伴う、雨漏り等の現象が現れます。
その他に、給排水管の材質や施工方法によっての劣化は、錆による詰まり、赤水、漏水の発生など、建物全体の老化現象は避けられません。

この様な事から、建物の管理が資産価値に大きく寄与するものとなりますが、日頃の建物の維持管理が重要な命題でありながら、特に貴重な修繕積立金で行う大規模修繕工事を、管理会社や施行業者に全て任せていませんか。

当相談室では、お悩みの管理組合様、並びにオーナー様のご不安を解消すべく、経験豊富な建築士と協力して、ご相談をお受け致しますので、まずはお気軽にお声をお掛け下さい。

当相談室は【最小の費用で最大の効果】をモットーに、相談者としてお手伝いをさせて頂きます。
どんなことでも、まずはお気軽にご相談ください。

TEL 03-5984-3213

お問合わせはこちら

【協力会社】
齋藤一級建築士事務所
一級建築士・一級施工管理技士 齋藤 修



室長 野田 宣彦
プロフィールはこちら

サービスのご案内
マンション管理組合の運営
マンション管理規約の改正
マンション管理費の削減
マンション管理会社の変更
大規模修繕コンサルティング
管理費滞納

ご相談について

ご相談につきましては
面談・メール・電話・FAX
いずれも初回無料にて
行っております。
(但し、面談は2時間までとさせて頂きます。)

まずはお気軽にご相談下さい。

ご相談はこちら

お問合わせ